top of page
  • 執筆者の写真ikeco

リーディング学習会

コロナ禍で上演の機会が失われ、表現することからも遠ざかりがちです。

演技をする人間には表現の場がないことは、とても不安でもどかしいものです。

よりよい舞台のためにほんの少しでも歩んでいたい。

何かないかと考え、ZOOMを使ってリーディンング学習会を思いつきました。

他劇団の役者さんたちと数名で、同じ本を声に出して読み、お互いから学びあおうというものです。全5回の内3回は朗読のみ、残り2回は「物」を加えてのパフォーマンスを行います。


題材は宮沢賢治の「どんぐりと山猫」。本棚を探したら・・・、


 

 こんな年代物の文庫本が出てきました。ページ

 の焼け具合、古びた紙のナッツのような匂いに

 ときめきます。


 挿絵もいい感じです。野生的に描かれた山猫と

 可憐な花の組み合わせ。構図が美しいです。

 作画は菊池武雄氏です。



 

  お値段は180円でした。

  ウン十年前に購入したのですね。


 

  そして、この女性の絵。なんだか魅かれるなあ

  と表にかえしてみると、

 



  カバーの絵は、丸木俊さん。

  あの、「原爆の図」をご主人の丸木位里さんと

  描かれた方ですね。「原爆の図」は是非一度、

  実際に目にしたいと切に望んでいる絵です。

  とても嬉しい出会い。

  美しい色彩、幻想的な世界に引き込まれます。

  優しく深い心をお持ちだったんでしょうね。

  



   「原爆の図」をお描きになるのは

   想像できないくらいの苦しみの渦の中に

   再び身を投じる行為だったのではないでしょ

   うか。強い強い気持ちで描かれてで あろう

   その絵と、やはり向き合ってみたいと思いま

   す。 


    


                 丸木美術館  https://marukigallery.jp/   

    




0件のコメント

Comentários


bottom of page